ぺんさんの殴り書き日記

アラサー男子。旅行、語学、経済のことなど。

英語圏の海外安全情報ホームページ(日本・アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア政府)

自分が行きたい国を記事にしていたところ、ふと、他の政府の海外安全情報だとどのレベルになるのだろうと思い、こんな記事を書いてみました。

自分への備忘録も兼ねて書いています。

 

・日本政府

www.anzen.mofa.go.jp

 

 

・オーストラリア政府

Smartraveller

www.smartraveller.gov.au

 

 

アメリカ政府

travel.state.gov

 

 

・カナダ政府

travel.gc.ca

 

 

・イギリス政府

www.gov.uk

 

 

 

僕が感じたこと 

・見やすさ

我らが日本政府について。

すべての国の地図が載っていて、危険箇所も地図上で分かるようになっているので、非常に分かりやすいです。

 

オーストラリア政府のサイトもすべての国ごとに危険箇所が把握できる地図が載っているので、分かりやすさは日本政府、オーストラリア政府に軍配があがるでしょう。

 

 

・違い

ただし、自国民にとってどのような事件(テロや強盗など)があったか、自国民に不都合が起こりやすいかということを基準としているので、それぞれの海外安全情報サイトのレベルに違いが出ます。

 

・中国に関する安全性情報の例

2019年12月現在、日本政府・オーストラリア政府は新疆ウイグル自治区チベット自治区のみレベル1(オーストラリア政府も同レベル)にしていますが、

アメリカ・カナダは中国全域を「十分注意してください(日本政府でいうレベル1)」にしています。

理由として、「中国の法律を恣意的に運用して米・カナダ国民を拘留することがある」と書いています。

 

バングラデシュに関する安全情報の例

オーストラリア政府は首都ダッカをレベル1相当にしていますが、

日本政府はレベル2相当に維持しています。日本人が巻き込まれた2016年のダッカでの襲撃事件が影響しているのかもしれませんね。

 

 

個人的なまとめ

・オーストラリア政府の海外安全情報

日本政府のように、地図も表示されるので非常に見やすいです。

僕のような英文を読むのが苦手な、なんちゃって英検1級には見やすいサイトです。

 

・英語が苦手でも、他の政府のホームページも見てみましょう

アメリカ・イギリス・カナダのサイトは、調べる国によっては地図も出して解説してくれていますが、英文なので、僕にとって読むことがちょっとつらいのは事実です。

もちろん、行くことが決まっているならしっかりと読みますが(笑)

 

ーーーーー

みなさんも英語で他国政府の海外安全情報を見てみましょう!

 

きっと、情報の少ない国だと真剣に読みますよ。