ぺんさんの殴り書き日記

アラサー男子。旅行、語学、経済のことなど。

【読書】最後の英語やり直し!

最後の英語やり直し! 

毎日新聞社 2014/2/27出版
勝間 和代 (著)

 

英語に触れる時間が圧倒的に少ない

最近、勝間和代さんのYouTubeが面白くて、毎日見ています。

その中で、勝間和代さんが英語の勉強方法について語っている動画があり、日本人の英語学習には圧倒的に英語に触れる時間が少ないと語っていました。

たとえば、学校で一時間英語を勉強するとします。

おそらく、日本語に目を通したり、日本語の解説を聞いている時間の方が長いと思います。これでは本当に英語に触れている時間は少ないです。おそらく10分、20分でしょう。

そうではなくて、英語自体に触れる時間を増やしましょうというお話でした。

 

勝間和代さんは、本の中で、データを出して、語学を1000時間ほど勉強すると上級レベルにすることができると解説しています。

1000時間を捻出するためには、

1日1時間で3年間

1日3時間で1年間

毎日30分外国人とスカイプで英語を話して勉強するという方法もありますが、それだけでは圧倒的に英語に触れている時間数が足りないということになりますね。

 

 

語彙数を増やす

文法、発音、語彙数の三要素で考えたときに、

文法、発音に関しては改善できる余地がそれほど多くなく、語彙数を増やす方が圧倒的にコストパフォーマンスがよいと解説しています。

やはり、語彙数を積むと、理解できる内容がかなり多くなるようです。

 

僕の例なので参考になるかわかりませんが・・・

英語・・・英検1級の単語帳(+2400語)を覚えることで、準1級の単語しか知らなかった時と比べると、観光地の解説案内板をほぼ難なく理解できるようになった。

中国語・・・HSK6級の単語帳(+2500語)を流し読みすることで、台湾人YouTuberが話している単語のかなりの部分の意味が予想できるようになった。 

 

 

僕の今の状況

・台湾に一年間ワーキングホリデーに行くので、中国語のレベルを上げなくてはならない

・英語を普段使っていないので、レベルが下がってきている

 

 

中国語のレベルに関しては、僕は中級レベルを勉強しています。

HSK5級、6級の単語帳を勉強しています。

ーーーーー台湾と中国ではHSKの各級がそれぞれどのCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に該当するか基準が違うようですが、僕自身は台湾の基準が実感に近いかなと思うので、台湾の厳しめの基準を参照しています。ーーーーー

 

単語帳を一通り見た感じ、6級までの単語を理解できれば、自分の好きなジャンルのニュースやYouTubeチャンネルの中身はおおかた予想できるかなという感じです。

 

この本を読んで、徹底的に語学に触れる時間を増やさないといけないんだなと感じました。

「最後の英語やり直し!」というタイトルですが、僕は中国語のレベルを上げるためにこの本を購入しました。タイトルでは英語になっていますが、中国語だろうがドイツ語だろうがやることは同じだと思います。

 

 

この本を読んで、今僕がやっていること

毎日英語・中国語に触れることです。

1ヶ月ほどやってみましたが、

1日平均、中国語100分、英語50分ほど触れている状況になりました。

 

中国語は主に単語帳の音声、YouTube

英語はYouTubeNHK world news Japan

 

YouTubeには様々なコンテンツが

中国語だと

・「黄氏兄弟」という台湾のYouTuber兄弟の動画

台湾総統蔡英文のチャンネル

総統が英語を解説している「英文英文」(蔡英文の英語、的な意味?)の動画なんかもあったりします。ちなみに、総統はイギリス留学の経験があるようです。

 

英語だと

・「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」を書いたHans Rosling氏の動画

パキスタン、ロシアなど自分の行きたい国の旅行ガイド動画、文化の紹介動画

を見ています。

 

最近、日本のテレビを見ているよりは、YouTubeで好きな海外のチャンネルを見ている方が楽しいなと感じてしまっています・・・。

 

ーーーーー

・英語・中国語に触れる時間を増やす

・自分の興味のあるコンテンツを見ながら楽しく学習する

・語彙数を増やす

この3点を意識して学習していきたいと思います。

 

他にも様々な方法が紹介されていますので、ぜひ本書を参考に勉強してみてください。

 

 

 

英語圏の海外安全情報ホームページ(日本・アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア政府)

自分が行きたい国を記事にしていたところ、ふと、他の政府の海外安全情報だとどのレベルになるのだろうと思い、こんな記事を書いてみました。

自分への備忘録も兼ねて書いています。

 

・日本政府

www.anzen.mofa.go.jp

 

 

・オーストラリア政府

Smartraveller

www.smartraveller.gov.au

 

 

アメリカ政府

travel.state.gov

 

 

・カナダ政府

travel.gc.ca

 

 

・イギリス政府

www.gov.uk

 

 

 

僕が感じたこと 

・見やすさ

我らが日本政府について。

すべての国の地図が載っていて、危険箇所も地図上で分かるようになっているので、非常に分かりやすいです。

 

オーストラリア政府のサイトもすべての国ごとに危険箇所が把握できる地図が載っているので、分かりやすさは日本政府、オーストラリア政府に軍配があがるでしょう。

 

 

・違い

ただし、自国民にとってどのような事件(テロや強盗など)があったか、自国民に不都合が起こりやすいかということを基準としているので、それぞれの海外安全情報サイトのレベルに違いが出ます。

 

・中国に関する安全性情報の例

2019年12月現在、日本政府・オーストラリア政府は新疆ウイグル自治区チベット自治区のみレベル1(オーストラリア政府も同レベル)にしていますが、

アメリカ・カナダは中国全域を「十分注意してください(日本政府でいうレベル1)」にしています。

理由として、「中国の法律を恣意的に運用して米・カナダ国民を拘留することがある」と書いています。

 

バングラデシュに関する安全情報の例

オーストラリア政府は首都ダッカをレベル1相当にしていますが、

日本政府はレベル2相当に維持しています。日本人が巻き込まれた2016年のダッカでの襲撃事件が影響しているのかもしれませんね。

 

 

個人的なまとめ

・オーストラリア政府の海外安全情報

日本政府のように、地図も表示されるので非常に見やすいです。

僕のような英文を読むのが苦手な、なんちゃって英検1級には見やすいサイトです。

 

・英語が苦手でも、他の政府のホームページも見てみましょう

アメリカ・イギリス・カナダのサイトは、調べる国によっては地図も出して解説してくれていますが、英文なので、僕にとって読むことがちょっとつらいのは事実です。

もちろん、行くことが決まっているならしっかりと読みますが(笑)

 

ーーーーー

みなさんも英語で他国政府の海外安全情報を見てみましょう!

 

きっと、情報の少ない国だと真剣に読みますよ。

 

今、僕が行きたい国・場所

僕が行きたいと思っている場所を挙げてみました。

自分の思考の整理のために書いてみました。

 

ーーーーー

 

自力で旅行できる程度に安全なアジアの国はおおかた回ってしまったので、あとは少し危険とされる国や珍しい国しか残っていません。

 

アジアではパキスタンバングラデシュパプアニューギニア、モンゴルにはまだ行っていないです。

ブルネイASEANの中で唯一行っていない国ですが、わざわざ行く気にもならないのが本音です。ブータンにもわざわざ行く気にはならないのが本音ですね。

 

その他には、東ティモール北朝鮮アフガニスタンがありますが、もはや危険すぎて、対象外です。

 

そもそも、アジア大好きな僕にとって、欧米諸国は優先度が低くなってしまいます。 スイスでアルプスを眺めたり、イタリアやスペインなど南ヨーロッパに出かけるのも楽しそうですが・・・。

 

南米やアフリカに行くにしても、遠いし、治安の問題が出てくるので、あまり出かける気にはなりません。さんざん飛行機に乗って旅行していますが、エコノミークラスに10時間乗ることを考えると気分が重くなります。

 

個人的には人口が2億人近くいるアフリカ最大の人口大国ナイジェリアに興味がありますが、いつ行くことになるやら。

 

南米だとチリのパタゴニア地方で自然を感じ、アルゼンチンでマゼランペンギンを見て来たいです。

 

 

行きたい国を優先順位順に並べてみました

優先度の高い国

パキスタン

モヘンジョダロ(紀元前2500年から紀元前1800年にかけて繁栄したインダス文明の都市遺跡)を一度見てみたいです。その他、首都のイスラマバードやカラチ、ラホールにも行ってみたいです。

しかし、パキスタンは一番最低でも、外務省の危険度レベル2「不要不急の渡航は止めてください」に指定されているので、安易に行くべきではないのかもしれません。

カナダ政府の海外安全情報サイトも見てみましたが、「Avoid non-essential travel(不必要な旅行は避けること)」と書かれていて、日本政府とほぼ同じ見解だと思われます。

カナダ政府の場合、イスラマバードだけは一段階下の「十分に気をつけるように」と同等のレベルになっています。

 

どうでもよいのですが、

ミャンマーで一度だけレベル2の都市に行ってみたことがあります。

ミャンマー北部のミッチーナーという都市です。反政府組織のいるカチン州の州都です。

まれに爆弾テロが起きていたようです。僕が行く何年か前に市内のミャンマー大手のカンボーザ銀行の支店が爆弾で吹っ飛ばされたそうです。

ちなみに、僕はその支店で両替しましたが・・・。米ドルからの両替レートは悪くなかったです。

f:id:capepenguin:20191230113212j:plain

ミッチーナーから北に数十キロ。エーヤワディー川起点付近の山々



 

・福建(アモイ)(中国)

→2020年春に台北滞在中に行く予定。台湾の離島(金門島)経由で。

 

九寨溝黄龍(中国)

→2020年秋に台北滞在中に行くかどうか検討中

 

 

・ロシア(モスクワ・サンクトペテルブルクイルクーツクウラジオストク

ロシアにはまだ行ったことがありません。どんなものかのぞいてみたいです。

なぜか、夏のシベリアにも興味があるので、イルクーツクにも行ってみたいです。

 

西安・蘭州(中国)

兵馬俑シルクロードの起点となった西安、そして蘭州の大仏を見てみたいです。

 

 

 

優先度の低い国

ここからかなり優先度が下がります。数年以内に行くことはないでしょう・・・。

・スイス

・スペイン

・イタリア

バングラデシュ

・エジプト

・イラン

・トルコ

・モンゴル

・チリ、アルゼンチン

 

 

 

以上、僕の行きたい国ランキングでした。

どうせランキングなんて変わったり、入れ替わったりすると思いますが。

 

みなさんはどうでしょう?

今すぐに行きたい国はありますか?

 

高美湿地の夕日(台中市内から日帰り旅行)

f:id:capepenguin:20191222161101j:plain

高美濕地 二度目に行ったときの夕日

高美濕地(Gāo měi shī dì)できれいな夕日を見てきました。

僕が行ったのは2019年9月末と10月初めの話です。

普段から風が強く、冬場は寒いので、行く時期も考慮しましょう。

 

台中市内からバスで1時間くらいの場所にあります。

「台湾のウユニ塩湖」と呼ばれているようです。

 

ガイドさんの説明によると、高美濕地の南にある台中港の北側に防波堤を作ったことで、高美濕地付近に砂が堆積するようになり、今の高美濕地になったとのことです。

 

僕の好きな台湾の実力派歌手・蕭敬騰(Xiāo Jìngténg)が「收藏」という曲のミュージックビデオでアップライトピアノを燃やしたことでも有名な場所です。

湿地の大部分は立ち入ってはいけないのですが、その中に入ってピアノを燃やしてしまったようです。

後に、「空氣污染防治法」と「野生動物保育法」違反で罰金刑を受けたらしいです。

www.youtube.com

 

 

2度訪れました

実は、僕は2回行きました。

一度目は同行者と一緒に行きました。数日前に天気のチェックをし、晴れるだろうと予想してからkkday(このページの最後に紹介します)のツアーを予約しました。

当日は晴れていましたが、海上に雲があり、夕日を見ることはできませんでした。

 

二度目は、なんと一度目の数日後に一人で行ってきました。

台中に住んでいて、学校が午前中で終わったので、帰宅後に参加しました。

二度目はきれいな夕日を見ることができました。

微風だったので、水面に映る太陽もきれいに写真に収めることができました。

大満足です。

 

潮の満ち引き

天気の他にも、潮の満ち引きに気をつけましょう。

満潮に近い時間だと、桟橋の部分に入れないことがあり、一番きれいに見えるところまで行くことができません。

 

以下のサイトでは潮の満ち引きを確認することができます。

www.cwb.gov.tw

 

高美濕地は「臺中市清水」にあります。

地図上の「新竹鹿港沿海」をクリックした後「臺中市清水」の情報を確認しましょう。

今後30日分の潮の満ち引きも確認することができるます。

 

 

一度目の写真

f:id:capepenguin:20191222161456j:plain

雲が多い

f:id:capepenguin:20191222161405j:plain

夕日が沈む部分に雲が

f:id:capepenguin:20191222161849j:plain

風のせいで波が立っている

上の写真は桟橋の端の部分です。

ここで靴を脱いで、裸足で海に入る人が多いです。

桟橋に靴を置いておく人が多いですが、置いておくのがイヤな人はビニール袋などを用意して、自分で靴を管理しましょう。

 

 

二度目の写真

f:id:capepenguin:20191222161833j:plain

快晴です

f:id:capepenguin:20191222161722j:plain

微風だったのできれいな夕日が撮れました

f:id:capepenguin:20191222161733j:plain

太陽が沈んだ後もきれい

 

アクセス

高美濕地は台中市内から少し離れたところにあるので、バスや電車を利用して自力で行くのは大変です。

タクシーをチャーターしていくのも一つの方法ではあります。

僕の学校の友達はバスで行き、帰りはバスの時間が終わってしまったので、タクシーと交渉して、少し高い金額を払って台中市内に帰ってきたと言っていました。

 

 

kkdayという旅行会社がおすすめ

一番のおすすめは、kkdayという台湾の旅行会社のツアーに参加する方法です。

 

台中発|高美湿地・夕日観賞半日バスツアー|日本語ガイド選択可

 

上のプランでは、

夕方に宮原眼科、もしくは高速鉄道の台中駅でピックアップしてもらい、帰りは逢甲夜市、もしくは高速鉄道の台中駅で降ろしてもらうことができます。

他にも、台中市内観光と高美湿地がセットになっているツアーや台北発着で台中と高美湿地を訪れる日帰りツアーもあるので、自分の希望するプランを探して申し込みましょう。

 

台中での数ヶ月の生活を終えて帰国

2019年秋の間、台中に数ヶ月住んで、大学の中国語センターで中国語を勉強してきました。

僕が感じたことと、来年のワーキングホリデーに向けて考えていることを書いておこうと思います。

 

f:id:capepenguin:20191223183806j:plain

桃園国際空港にて

 

台中を選んだ理由

台湾には今まで6回旅行したことがあり、実際に海外に住んでみるなら台湾だなと考えていました。ワーキングホリデーの前に一度、語学学校に通ってみて様子をみてみようと思いました。

ワーキングホリデーで台北に住むつもりだったので、それ以外の都市にも住んでみようと思い台中を選びました。

台中や台南、高雄を候補として挙げていましたが、高雄など南の都市は、秋になっても痛いほどの日差しです。これはちょっと耐えられないなと思い、台中を選びました。

 

どう感じたか

・交通面

地下鉄がないので、バスに乗って台湾鐵道の台中駅や高速鉄道の台中駅に行くことになります。他の都市に移動する時や、台中市内の移動でもかなり時間を使うような感じでした。

台中には地下鉄が来年2020年に完成するようです。5年前に訪れたときは数年後に完成すると言っていましたが・・・。

学校の友達には、バイクに乗って通学する人もいました。バスと比べると、バイクでの移動は半分以下の時間ですむようですが、バイクに乗らない僕からすると、移動は時間の面で少しストレスを感じました。

 

・人々の空気感

台湾人は温かく、飾らない人が多いような感じがします。食堂の店員さんと仲良くなったり、街中でも知らない人と気軽に話したりということがありました。

何よりも、日本人のように肩肘張っていないような感じがしたので、生活するのも楽でした。空気を必要以上に読むという必要もなかったので気が楽でした。

 

f:id:capepenguin:20191223183949j:plain

墾丁の海岸


 

来年のワーキングホリデー

来年、再度台湾に住む予定です。

ワーキングホリデービザも無事に取得できたので、今度は台北に1年間住んでみる予定です。

 

・観光

台湾にいる間、まだ訪れたことのない場所に行ってみたいです。

台東や阿里山、金門、緑島などにはまだ行ったことがないので楽しみにしています。

 

そして、中国にも行こうと考えています。福建や四川に行ってみたいです。

金門島は台湾が実効支配していますが、福建省まで数キロの地点にあります。金門まで台北から国内線で飛んだ後、フェリーに乗って福建省に入ろうと考えています。その後、有名な福建な土楼を見に行く予定です。

 

四川では九寨溝黄龍に行きたいです。

中学生の頃、深夜にNHKを見ていると、世界の自然を紹介する番組で、黄龍が紹介されていました。ずっと記憶の片隅に残っていて、こんなきれいなところに行ってみたいなと思っていました。

2017年の秋に行く予定を立てていたのですが、2017年8月の地震九寨溝が壊滅的な被害を受けてしまい、観光することができなくなってしまいました。2020年からは本格的に観光客の受け入れを再開するようなので期待しています。

 

・少ししかアルバイトはしないかも

ワーキングホリデービザを取得することができたので、台湾で労働することができます。

簡単な仕事があればやろうかと思っていますが、台湾の給料は日本の半分くらいなので、中国語の勉強にフォーカスして、あくまで補助的に、少しだけ経験を得るためにアルバイトをしようかと考えています。

日本に戻った後、中国語・英語をある程度のレベルで使えるようにしておいた方が給料の上昇率も高そうです。

 

 

ーーーーー

なによりも、台湾人と知り合って、話す機会を少しでもつくろうと思っています。

内省的で、あまりみんなとわいわいするような性格ではない僕ですが、ありがたいことに、僕と友達になってくれる変わった台湾人が少なからずいるようです。台北での生活も楽しみにしています。

 

台中から大甲・彰化へ ③彰化(彰化扇形車庫・八卦山大佛・1895八卦山抗日保台史蹟館)

彰化火車站(Zhānghuà huǒchē zhàn)

f:id:capepenguin:20191209172744j:plain

彰化火車站(駅舎の外側は改修工事中でした)

なんとなく彰化駅に来てしまいましたが、あらかじめ行きたいところは調べて、計画は練っておきました。

彰化扇形車庫・八掛山大佛・1895八卦山抗日保台史蹟館に行きたかったのです。

お昼だったので、観光前に腹ごしらえすることにしました。

 

彰化でのルート

 

 

・円葉精致餐盒専売店

f:id:capepenguin:20191209172823j:plain

円葉精致餐盒専売店

f:id:capepenguin:20191209172758j:plain

おいしい鉄板焼でした

駅から彰化扇形車庫に向かう途中にこのお店を見つけ、適当に入ってみたら当たりでした。

鉄板焼にご飯、野菜が4種類ついてきます。野菜類は自分で選ぶことができます。

注文後、店員さんに呼ばれて、「野菜を4つ選んで」と言われました。100元しなかったはずです。

 

 

彰化扇形車庫(Zhānghuà shànxíng chēkù)

今でも現役で使われている車庫です。電車好きにはたまらないでしょう。

開放されている時間は平日が13時から16時、土日が10時から16時です。

月曜日は定休日なのでご注意を。

この日は祝日だったせいか、1時間半待っても、ターンテーブルは動きませんでした。残念・・・。

f:id:capepenguin:20191209172908j:plain

f:id:capepenguin:20191209172929j:plain

f:id:capepenguin:20191209173033j:plain

f:id:capepenguin:20191209173114j:plain

 

 

1895八卦山抗日保台史蹟館(Bāguà shān kàngrì bǎo tái shǐjì guǎn)

f:id:capepenguin:20191209174658j:plain

1895八卦山抗日保台史蹟館

日清戦争後、台湾の無条件割譲が決まり、日本軍が1895年に台湾に南下してきた際の抗日運動を記念した歴史館になっています。

八卦山は高台になっているので、1895年に日本軍が彰化に攻めてきたとき、反抗軍にとっても戦略的に重要な拠点になったようです。

 

この博物館のプレートには、防空坑道(防空地下壕)と書いてあります。

第二次大戦後、中国共産党と台湾国民党がにらみ合っていた時期には、防空指揮室として使われていたようです。

f:id:capepenguin:20191209174331j:plain

館内はすこしジメジメしている

f:id:capepenguin:20191209174501j:plain

1895年の日本軍の台湾南下

 

 

八卦山大佛(Bāguà shān dàfó)

f:id:capepenguin:20191209174803j:plain

八卦山大佛

wikipedia中国語版によると、八卦山大佛は標高74mのところにあり、全長23m。

大佛様は1966年に完成したようです。

f:id:capepenguin:20191209174854j:plain

彰化市内が見渡せます

f:id:capepenguin:20191209175256j:plain

八卦山の案内図

f:id:capepenguin:20191209174914j:plain

f:id:capepenguin:20191209175009j:plain

上まで上ることができます

f:id:capepenguin:20191209175032j:plain

街を見守る大佛様

f:id:capepenguin:20191209175223j:plain

大仏様の中に入ることができます

f:id:capepenguin:20191209175202j:plain

中には仏陀の一生が描かれています

 

f:id:capepenguin:20191209175048j:plain

近くにはF104戦闘機が展示されています

 

 

帰りは台湾鐵道で台中へ

帰りは八卦山下山後、バスで彰化火車站まで戻り、台湾鐵道で台中まで戻りました。

f:id:capepenguin:20191209175312j:plain

彰化火車站にて

f:id:capepenguin:20191209175330j:plain

台湾鐵道區間車の車内

f:id:capepenguin:20191209175343j:plain

台中火車站にて

 

皆さんも台中に来たら、大甲と彰化に行ってみてくださいね。

ーーーーー

台中から大甲・彰化へ ②成功駅

成功駅

大甲駅から彰化駅に行く途中に、成功駅という駅があります。

中国語のピンインで表すと「Chéng gōng」です。

カタカナ表記だと、チャンゴン(個人的には、チャの発音はチャとチョの中間だと思っています)。

英語読みでチェンゴンと読んでも、現地人には通じないでしょう。

 

「成功駅」というおめでたい名前なので、日本のガイドブックなどでも紹介されているようです。

時間があったので、途中下車してみました。

f:id:capepenguin:20191209135652j:plain

成功駅

f:id:capepenguin:20191209135704j:plain

跨線橋の上から

f:id:capepenguin:20191209135715j:plain

成功駅の駅舎はこんな感じ

f:id:capepenguin:20191209135727j:plain

成功駅の看板

f:id:capepenguin:20191209135742j:plain

成功駅ホーム待合室の路線図

彰化駅から海側を通る海線、山側を通る山線に分かれています。

そして、追分駅と成功駅の間に成追線という路線があります。

台中駅を通る山線の方が運行本数は多いです。

 

どうでもいいですが、日本には北海道・秋田県滋賀県三重県にも追分駅という駅がありますね。「追分」という言葉は、道が二つに分かれる場所をさす言葉みたいです。

秋田県の追分駅の例だと、奥羽本線から男鹿半島に延びる男鹿線が分岐していますね。

 

お昼であまりにも暑かったので、成功駅前の散策はしませんでした。

 

f:id:capepenguin:20191209144648j:plain

成功駅ホーム上の待合室

f:id:capepenguin:20191209144737j:plain

成功駅のホーム

まるで日本の田舎の駅のようですね。